スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# 着物の虫干し

 天気のいい日が続いています。

 先日、久しぶりに着物で出かけたので、
思い切って和箪笥の着物の虫干しをしました。
虫干しは晴天の日などに陰干しして風を通し虫の害やカビを防ぐために行われます。
せっかくなので、タトウ紙も新しいのと入れ替えました。
半襟をつけたり、あとかたづけにも手間がかかるけれど、
着物文化を伝えるよう着物で外出、たまにはいいですね。

 友人が縫ってくれたお気に入りの大島紬。
和箪笥もすっきり。気分もすっきり。

IMG_4532.jpg
スポンサーサイト

サングヮチサンチ

 今日は、弁当を持って浜で潮干狩りを楽しむ習わしの日です。
この時期は1年のうちでも潮の干満の差が大きく一番潮が引く日だそうです。潮水で足を濡らさない(浜に下りない)とネズミやカラスやフクロウになるという言い伝えがあります。新生児の女の子の足を海水につけて清め将来を祝福しますが、最近はリゾート施設などでもこの日に海開きをするようになり、その中のイベントの一つとしても行われているようです。
 桃の節句で、ヨモギを入れたフチムチを作り、形は、かつては丸や三角、菱形などだったようですが、現在はフチムチをクマタケランの葉で包んだものが多く作られています。
 桃やヨモギは邪気を払うといわれますが、桃の形や三角の餅の形は女陰をあらわしていて穢れや邪気を払う意味があります。昔、鬼に追われた人間がヨモギの野原に隠れ、ヨモギの臭いで難をのがれたという昔話も伝わっています。
 今日は80歳になる方から丸い形のフチムチをいただきました。年期の入った手作りのフチムチの味は、かむごとに糯米の甘みと新芽のヨモギの香りが美味でした。仏壇にもお供えしました。ありがとうございました。<(_ _)>

IMG_4538_convert_20130412235411.jpg


オリーブオイルinフル(葉ニンニク)

朝から降っていた雨が上がり、すっかり春の陽気。
そろそろ葉ニンニクが終わり、ニンニクの鱗茎が市場に出回ります。
葉ニンニクが無くならないうちにと、
あわててドレッシングを作りました。
作り方はカンタン、オリーブオイルエキストラバージンに葉ニンニクをみじん切りにして入れるだけ。
あとはお好みで、しょうゆ、しょうが、マヨネーズなんかとも組み合わせてお楽しみください。
カルパッチョにもあいますよ(^O^)
オイルにニンニクの香りを移しているので、ドレッシングのほか炒めものにも使えるのが嬉しいです。
滋養強壮、風邪予防にもおすすめしまーす(*^^*) 

ブログ再開☆(≧◇≦)

お久しぶりです。  
長い間、お休みしていましたが、
新年度を機に再開することにしました。
相変わらず、マイペースな更新になるとは
思いますが(笑)
よろしくお願いしますm(_ _)m

旧暦お盆が終わりました

 お盆のあとかたづけも終わり、いつもの日常が戻ってきました。
今年のお盆ははりきって、お供えを作りましたが、うっかり料理の写真を撮るのを忘れました。
私は気まぐれな性格なので、昨年より品数が多いんじゃないと、御先祖さまがびっくりしたかもしれませんね。お墓にムジノコ(田芋の茎を刻んでご飯と混ぜたもの)や型菓子などのグショウ(あの世)へのお土産もお供えしてお別れしました。

お盆(縮小版)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。